渡辺美佐子

渡辺美佐子

渡辺 美佐子

プロフィール

 

わたなべ みさこ
渡辺 美佐子
生年月日 1932年10月23日
出生地 東京都港区麻布
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台

 

主な出演

 

映画

 

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

 

ひめゆりの塔(1953年、東映) - 安富良子
健児の塔(1953年、東映)
逆光線(1956年、日活) - 佐山元子
肉体の密輸(1956年、日活)
泣け!日本国民 最後の戦闘機(1956年、日活)
飢える魂(1956年、日活) - 泉谷のり子
続・飢える魂(1956年、日活) - 泉谷のり子
哀愁の園(1957年、日活)
女子寮祭(1957年、日活)
街燈(1957年、日活) 
今日のいのち(1957年、日活) - お園
殺したのは誰だ(1957年、日活) - 克子
素足の娘(1957年、日活)
誘惑(1957年、日活) - 竹山順子
美徳のよろめき(1957年、日活) - マダム秋子
峠(1957年、日活)

十代の罠(1957年、日活)
果しなき欲望(1958年、日活) - 志麻 ※監督:今村昌平、ブルーリボン助演女優賞を受賞
白い悪魔(1958年、日活) - 小沢邦子
佳人(1958年、日活) - 時江
陽のあたる坂道(1958年、日活) - 川上ゆり子
四季の愛欲(1958年、日活) - 百合子
運河(1958年、日活)
風速40米(1958年、日活) - 根津踏絵
青い乳房(1958年、日活)
危険な群像(1958年、日活)
獣のいる街(1958年、日活)
ギターを持った渡り鳥(1959年、日活) - リエ
傷痕の掟(1959年、日活)
第三の死角(1959年、日活)
実いまだ青し(1959年、日活)
仮面の女(1959年、日活)

才女気質(1959年、日活) - 辰江
絞首台の下(1959年、日活) - 小山久美子
若い豹のむれ(1959年、日活) - 滝馨子
その壁を砕け(1959年、日活)
0番街の狼(1959年、日活)
人形の歌(1959年、日活)
硫黄島 (映画)(1959年、日活)
われらの時代(1959年、日活)
銀座旋風児(ぎんざマイトガイ)(1959年、日活)
危険な女(1959年、日活) - 潮田芳子
口笛が流れる港町(1960年、日活) - 君江
13号待避線より その護送車を狙え(1960年、日活)
邪魔者は消せ(1960年、日活)
静かな脱獄者(1960年、日活)
男の怒りをぶちまけろ(1960年、日活)
十六歳(1960年、日活)

あした晴れるか(1960年、日活) - 矢巻しのぶ
武器なき斗い(1960年、大東映画)
大出世物語(1961年、日活)
破れかぶれ(1961年、日活)
あいつと私(1961年、日活) - 松本みち子
百万弗を叩き出せ(1961年、日活)
私は二歳(1962年、大映)
男と男の生きる街(1962年、日活)
人間(1962年、近代映画協会)
人間狩り(1962年、日活)
気まぐれ渡世(1962年、日活)
からみ合い(1962年、松竹)
しろばんば(1962年、日活)
若者たちの夜と昼(1962年、東映)
雲に向かって起つ(1962年、日活)
目をつぶって突っ走れ(1962年、日活)

零戦黒雲一家(1962年、日活)
東京アンタッチャブル(1962年、東映)
あの橋の畔で 第1部、第2部(1962年、松竹)
武士道残酷物語 Bushido - Sie lieben und sie toten (1963年、東映) ※第13回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品
真田風雲録(1963年、東映) - むささびの霧
一心太助 男一匹道中記(1963年、東映)
競輪上人行状記(1963年、日活)
野獣の青春(1963年、日活)
残酷の河(1963年、松竹)
アリバイ(1963年、日活)
夜霧のブルース(1963年、日活)
丘は花ざかり(1963年、日活)
第三の忍者(1964年、東映)
紫右京之介 逆一文字斬り(1964年、東映)
帰郷(1964年、日活)
人間に賭けるな(1964年、日活)

怪談(1964年、東宝) - 第二の妻
美しさと哀しみと(1965年、松竹)
冷飯とおさんとちゃん(1965年、東映) - お蝶
夜の勲章(1965年、大映)
異聞猿飛佐助(1965年、松竹)
大奥?物語(1967年、東映) - ナレーション
解散式(1967年、東映) - 三枝  
華岡青洲の妻(1967年、大映) - 小陸
忍ぶ糸(1973年、東宝)
悪魔の手毬唄(1977年、東宝) - 別所春江
典子は、今(1981年、東宝) - 松原春江
TATTOO<刺青>あり(1982年、ATG) - 竹田貞子
つぐみ(1990年、松竹) - つぐみ(牧瀬里穂)の母・政子
顔(2000年、松竹) - 吉村常子
アカシアの道(2001年、ユーロスペース) - 木島かな子
さよなら、クロ(2003年、シネカノン) - 牧野校長

いつか読書する日(2005年、スローラーナー) - 皆川敏子
東京タワー ?オカンとボクと、時々、オトン?(2007年、松竹)
凍える鏡(2008年、「凍える鏡」製作事務所) - 矢崎香澄 ※100本目の映画出演作
歓喜の歌(2008年、シネカノン)
ウルトラミラクルラブストーリー(2009年、リトルモア)-柴田もつ
しあわせのパン(2012年、アスミックエース) - 阪本アヤ

 

テレビドラマ

 

NHK大河ドラマ(NHK)
「赤穂浪士」(1964年)
「源義経」(1966年) - あかね
ただいま11人(1964年 - 1967年、TBS)
大坂城の女(1970年、KTV / 東映)
木枯し紋次郎 第2シリーズ 第2話「暁の追分に立つ」(1972年、CX / C.A.L) - お清
赤ひげ 第15話「醜聞」(1973年、NHK)
恐怖劇場アンバランス 第1話「木乃伊(ミイラ)の恋」(1973年、CX / 円谷プロ) - 則武笙子
追跡 第4話「天使の棄児」(1973年、KTV)
ポーラテレビ小説 (TBS)
「愛子」(1973年 - 1974年) - 華
「絹の家」(1976年) - 大内とよ
他、本編終了後のCMに出演
はぐれ刑事 第6話「姉弟」(1975年、NTV / 国際放映)
赤い疑惑(1975年 - 1976年、TBS / 大映テレビ) - 大島敏江(八千草薫の後任)
連続テレビ小説(NHK)

「火の国に」(1976年 - 1977年) - ナレーション
「おしん」(1983年 - 1984年) - 長谷川たか
「春よ、来い」(1994年 - 1995年)
「おひさま」(2011年)
東芝日曜劇場 / 二階(1977年、TBS) - 坪川裕子
ムー(1977年、TBS) - 宇崎小春
ムー一族(1978年 - 1979年、TBS) - 宇崎小春
竹とんぼ(1980年、NTV)
虹子の冒険(1980年、ANB)
松本清張の黒革の手帖(1982年、ANB) - 中岡市子
大奥 第4話 - 第11話(1983年、KTV)
大家族(1984年、TBS) - 山根峯子
いちばん太鼓(1985年 - 1986年、NHK)
現代恐怖サスペンス / お望み通りの死体(1987年、KTV / 東映) - 主演
京大アメリカンフットボール部誕生秘話 君に涙は似合わない(1988年、ABC / テレパック)
華岡青洲の妻(1989年、CX)

アイラブユーからはじめよう(1989年、TBS) ※渡辺の衣裳デザインはルリ落合が担当
はぐれ刑事純情派 第6シリーズ 第1話「ハワイ女3人卒業旅行・東京〜ホノルル 産婦人科女医の犯罪!!」(1993年、ANB / 東映)
金曜エンタテイメント / 阿部一族(1995年、CX)
火曜サスペンス劇場 / 「転勤判事」(1997年 - 1998年、NTV) - 二宮ふたば
水曜女と愛とミステリー / 人間の証明2001(2001年、TX)
土曜ワイド劇場 / 京都殺人案内(24)(2001年、ABC / 松竹)
サイコドクター 第10話「洗脳恐怖! 孤独な主婦を救え!!」・第11話「2才の記憶…父は生きていた」(2002年、NTV)
火曜サスペンス劇場 / 「弁護士・高林鮎子スペシャル31 寝台特急トワイライトエクスプレスの罠」(2003年、NTV) - 岡田久子
渡る世間は鬼ばかり(2004年 - 、TBS) - 菊村サワ
ハルとナツ 届かなかった手紙(2005年、NHK)
WATER BOYS 2005夏(2005年8月、フジテレビ)
特集ドラマ「お買い物?老夫婦の東京珍道中」(2009年2月14日、NHK)
第9回文芸社ドラマスペシャル 「ペーパー離婚?娘の結婚VS親の離婚?」(2010年2月7日、テレビ朝日) - 奈良橋郁代 役
おひさま(2011年4月、NHK) - 桐野富士子 役
家で死ぬということ(2012年2月25日、NHK名古屋放送局) - 中村ひさ子
猫弁〜死体の身代金〜(2012年4月23日、TBS)

 

舞台

 

マリアの首
オッペケペ
小林一茶
朝焼けのマンハッタン
グリークス
エンドゲーム
チェックポイント黒点島
いとこ同志
明日の幸福
化粧(1982年7月初演、同年12月の公演からは二幕目が書き加えられ、以降『化粧 二幕』として上演)

 

吹き替え

 

マリア・シェル - 映画『縛り首の木』(1959年、アメリカ)
リー・レミック - TVミニシリーズ 『将軍アイク』(1978年、アメリカ)

by wikipedia

ホーム RSS購読 サイトマップ